泡盛倶楽部は、泡盛の専門店!全国最大級の品揃えでお客様をお迎え致します。

  • ログイン
  • カートを見る
  • お届け先リスト
  • マイページ

泡盛倶楽部 > 富永麻子の酒造所巡り > (名)田嘉里酒造所

富永麻子の酒造所巡り

泡盛ルポライターの富永麻子(99年度泡盛の女王、愛称「古酒(クース)」)が酒造所を巡り、各酒造所の歴史、伝統、特色、こだわりを聞き出し、杜氏の人柄を引き出すインタビューコラム。

富永 麻子 (とみなが あさこ) = 文 / 撮影

泡盛ルポライターの富永麻子

(名)田嘉里酒造所

 沖縄本島の最北端に居を構える酒造所は、「やんばる」と呼ばれる本島北部を山あいへむかう大宜味村田嘉里の緑に囲まれた場所にあります。

 その窓から見える山並みの美しさは、自然の恵みを受け、時が止まったかのような静寂さを保っています。昭和24年に精米所を利用し、集落共有の酒造所として操業を始めました。

 銘柄名がなかった頃の記号のようなネーミング、田嘉里からとった「○田(まるた)」の名は、今日でもラベルに残され、親しまれています。

 「田嘉里の酒の旨さは、水です」と答える、87歳の会長池原三郎さん。自慢の水は、酒造所から1キロメートル先の山頂付近から湧き出る水。取水口には今日でも時折、沢蟹や川海老が舞い込むといいます。まろやかでふくよかな甘味をもつその水の水源は、昔、村民のために使われていた上水道で、現在では、田嘉里酒造所のみが守り続けています。

 生産量の80%が本島北部で消費される田嘉里の泡盛は、やんばるの味として、国指定の天然記念物、ヤンバルクイナをそのまま名付けた主力銘柄「やんばるくいな」村政90周年記念として作られた「ぶながやー」(本島北部方面の方言でがじゅまるの木に住む妖精)などまろやかな口当たりよい酒です。

「モロミの熟成が納得いかなければ決して蒸留させない」というこだわりを持ち、酒造所に働く全員できき酒をするなど、一貫した小さい造り酒屋ならではの素朴さを残す酒造所です。

(名)田嘉里酒造所
住所:大宜味村字田嘉里469 [MAP]
TEL & FAX:0980-44-3297

< 酒造所紹介のトップページへ

泡盛商品検索

入荷情報更新しました(3月22日)
  • 新商品&新入荷
  • まさひろ57度
  • 限定酒
  • 2016ランキングセット
  • 泡波
  • FAX注文書ダウンロード
  • 泡盛倶楽部 メールマガジン登録
  • 48酒造所巡り
  • 泡盛の飲み方
  • お客様の声
  • レビューの書き方
    • 新商品&新入荷
    • 送料無料商品
    • 泡盛を三合瓶で楽しむ
    • 泡盛を育てるカメ
    • 古酒造りにお薦め泡盛
    • 入手困難!幻の泡盛「泡波」
    • 泡盛を愉しむ「酒器・琉球ガラス」
    • まとめてお得!まとめ買い商品
    • 壷入り泡盛
    • 品薄・限定泡盛
    • 木札メッセージ入り琉球王朝の壺
    • 升升半升
    • 南大東島のラム酒
    • コレクター必見!ヴィンテージ泡盛

ネットショップ営業日

▼ 2017年4月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
▼ 2017年5月 ▼
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

赤色は定休日となります。

商品の出荷及び、お問い合わせのご連絡は、翌営業日になります。
尚、インターネットでのご注文は365日、24時間受け付けております。

【お問い合わせ】
メール : info@awamoriya.com
電話 : 098-877-8018
泡盛倶楽部 店長:吉田
  • 泡盛倶楽部 携帯版

お酒は20歳を過ぎてから。

酒販店及び業務店の皆様へ卸売りのご案内

このページのトップへ