泡盛倶楽部は、泡盛の専門店!全国最大級の品揃えでお客様をお迎え致します。

  • ログイン
  • カートを見る
  • お届け先リスト
  • マイページ

泡盛倶楽部 > 富永麻子の酒造所巡り > (資)恩納酒造所

富永麻子の酒造所巡り

泡盛ルポライターの富永麻子(99年度泡盛の女王、愛称「古酒(クース)」)が酒造所を巡り、各酒造所の歴史、伝統、特色、こだわりを聞き出し、杜氏の人柄を引き出すインタビューコラム。

富永 麻子 (とみなが あさこ) = 文 / 撮影

泡盛ルポライターの富永麻子

(資)恩納酒造所

 「琉歌の里」恩納村の自然と風土に育まれた酒造所は、昭和24年に村民10名の資本を募り創業を開始しました。創業当初は、家畜小屋を利用してもろみ仕込み用のカメ、蒸留機などを設置した小さな酒造所だったそうです。

 昭和25年に景勝地万座毛にほど近い地に工場を移設し、現在に至る恩納村唯一の酒造所となりました。

 酒造所の傍にある嘉真良井の地下から湧き出る清水を仕込み水に用い、奥深い旨みある酒を造りだしています。その代表銘柄「萬座」は、万人に愛される泡盛になるようにという願い通り、はるか海を越えて南極昭和基地へ送られ、「濃厚で独特な甘味と柔らかい喉越しが好評を博した」と、記録に残っています。

 現在、酒造所が力を入れている銘柄は、「しんかい」。恩納村の地域振興協議会の提案により、研究を重ねて生まれた泡盛は、30度の一般酒(新酒)を370m〜400mの深海へ沈ませ、12時間〜24時間放置した後、商品化する泡盛です。
 現段階では、科学的な証明はされていないものの、海底で寝かせた風味は、甘い香り、角のとれたまろやかさ、まさに驚くほど古酒を感じさせます。

 「なんでこうなるのかは、わからない…。でも、海の神秘に大きな夢を託しているんだよ」と、代表者大城保洋さんは語ってくれました。
 生産量の6割が恩納村内で消費される酒造所の酒は、名実共に恩納村の酒であり、恩納村の人々の大きな夢と熱い思いが注がれた泡盛でした。

(資)恩納酒造所
住所:恩納村字恩納2690 [MAP]
TEL & FAX:098-966-8105

< 酒造所紹介のトップページへ

泡盛商品検索

  • キャッシュレス
  • 新商品&新入荷
  • 在庫処分
  • うるう年限定泡盛
  • 2019ランキングセット
  • 3回蒸留泡盛
  • FAX注文書ダウンロード
  • 泡盛倶楽部 メールマガジン登録
  • 48酒造所巡り
  • 泡盛の飲み方
  • お客様の声
  • レビューの書き方
    • 新商品&新入荷
    • 送料無料商品
    • 泡盛を三合瓶で楽しむ
    • 泡盛を育てるカメ
    • 古酒造りにお薦め泡盛
    • 入手困難!幻の泡盛「泡波」
    • 泡盛を愉しむ「酒器・琉球ガラス」
    • まとめてお得!まとめ買い商品
    • 壷入り泡盛
    • 品薄・限定泡盛
    • 木札メッセージ入り琉球王朝の壺
    • 升升半升
    • 南大東島のラム酒
    • コレクター必見!ヴィンテージ泡盛

ネットショップ営業日

▼ 2020年2月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
▼ 2020年3月 ▼
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

赤色は定休日となります。

商品の出荷及び、お問い合わせのご連絡は、翌営業日になります。
尚、インターネットでのご注文は365日、24時間受け付けております。

【お問い合わせ】
メール : info@awamoriya.com
電話 : 098-877-8018
泡盛倶楽部 店長:吉田
  • 未成年飲酒防止

お酒は20歳を過ぎてから。

酒販店及び業務店の皆様へ卸売りのご案内

このページのトップへ