泡盛倶楽部は、泡盛の専門店!全国最大級の品揃えでお客様をお迎え致します。

  • ログイン
  • カートを見る
  • お届け先リスト
  • マイページ

泡盛倶楽部 > 泡盛浪漫紀行 > LEDよりエコだよねぇ。蛍の光。

泡盛浪漫紀行

二十代の頃より、酒と美味いものをこよなく愛し、一都一道二府四十三県と全国離島をくまなく飲んで食べて廻った経歴あり。泡盛と沖縄料理に魅せられて家族を連れて移住したおじさん。愛する沖縄を時には贔屓目に。時には全国標準基準に感じられる男。特に地方文化に強いため、それほど沖縄は特殊だと思ってはいないが、やっぱし独特だよね。

河野哲舟(かわの てっしゅう)= 文/イラスト・撮影

職業:フードコーディネータ、ライター、カメラマン、イラストレーター、Webディレクター、ナレーター、プランナー、ライダー、父、夫、移住者、酒飲み。

LEDよりエコだよねぇ。蛍の光。

 はいさ〜い!全国的に夏ぅ!暑い!暑い!暑い!口にすれば更に暑くなることはじゅうぶんにわかってるんですが、言わずにはイられませんねwww 最高気温的には数度は低いこちら沖縄ですが、陽の当たる屋外に出るときはしゃー!と軽く気合いを入れないと負けてしまいそうです。

 ところで、先月話題にした泡盛のコーヒー割りですが、テレビや何かの影響か数件の居酒屋さんでメニューの泡盛ボトル横の水・氷と並んでコーヒーと書いてあるのを見かけました。一軒でお店の人に聞いたところ、むしろ最近になって「コーヒーないの?」と聞いてくるお客さんが増えてきたので用意してみたとのこと。沖縄ではこうしてるみたいな番組を見て、沖縄の人がやってみた。という逆輸入状態ですな。www (たまたまそこの居酒屋がそうしてたという話で、これまた“沖縄では”という話ではないですからねw)

 さて、夏の夜と言えば「ホタル」。風流なもののひとつですね。水の綺麗な場所でかすかな灯りを明滅させながら飛ぶホタル。ソレを眺めながら左手には団扇、右手にはグラス。なんて酒飲みならずともグッとくると思います。ところで、そうしたイメージに登場するホタルはいわゆるゲンジボタルとかヘイケボタルという種類です。幼虫時代にカワニナなどを食べる水生のホタルなんですけど、じつは水生のホタルというのは全体で見ると実に少数派らしいんですよ。沖縄にもホタルはいろんな種類がいまして、冬以外のシーズンにいろんなホタルが代わる代わる出てきて明滅しています。しかもそのほとんどは陸生のホタルで、清流を必要とするわけでもなく湿ったところにいるかたつむりなんかをエサにして育ちます。何だかその辺の習性的なことを知ってしまうと、いささかがっかりというかイメージダウンになってしまうという人もいるとは思いますが、それでも薄い緑色の光を見ていると「夏だねえ」と思ってしまうのは日本人のDNAに織り込まれているのかも知れませんねエ。一般的に蛍狩りなんて言葉がありますが、これは別に捕まえるわけではなく眼で捉えるというWatchingとはまた違う風情のある言葉ですよね。(あとは紅葉狩りとかですかね?)(さすがにこっちは沖縄で見かけるのはムズカシイですねw)

 実はうちの近所のなんでもないところでもホタルを見かけたりするんですが、(何だか明るくて光も大きい気がするんですが)やっぱり少し気持ちが和むというか、ソレを思い出しながら飲むと気持ち的に(少し)涼しくなったような気になれます。(湿気のある森や草むらを好むので蚊も強烈な奴がいますからその場で飲む気にはさすがに……)ちなみに沖縄の方言でホタルは「ジンジン」といいます。どっちかといえば幼児語のようなんですが、じゃあ大人はなんと呼ぶかと…?やっぱし「ジンジン」だなw

 泡盛やりながら過ごす夏の夜はちょっと“沖縄のホタル”のことでも考えながら(エアコンの室温1度はあげられるかも)んでは、また〜。

< 泡盛浪漫紀行のバックナンバーを見る

泡盛商品検索

  • キャッシュレス
  • 干支
  • 新商品&新入荷
  • 在庫処分
  • 3回蒸留泡盛
  • 秋泡盛
  • 玉友KAMEJIKOMI
  • 2017ランキングセット
  • FAX注文書ダウンロード
  • 泡盛倶楽部 メールマガジン登録
  • 48酒造所巡り
  • 泡盛の飲み方
  • お客様の声
  • レビューの書き方
    • 新商品&新入荷
    • 送料無料商品
    • 泡盛を三合瓶で楽しむ
    • 泡盛を育てるカメ
    • 古酒造りにお薦め泡盛
    • 入手困難!幻の泡盛「泡波」
    • 泡盛を愉しむ「酒器・琉球ガラス」
    • まとめてお得!まとめ買い商品
    • 壷入り泡盛
    • 品薄・限定泡盛
    • 木札メッセージ入り琉球王朝の壺
    • 升升半升
    • 南大東島のラム酒
    • コレクター必見!ヴィンテージ泡盛

ネットショップ営業日

▼ 2019年11月 ▼
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
▼ 2019年12月 ▼
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

赤色は定休日となります。

商品の出荷及び、お問い合わせのご連絡は、翌営業日になります。
尚、インターネットでのご注文は365日、24時間受け付けております。

【お問い合わせ】
メール : info@awamoriya.com
電話 : 098-877-8018
泡盛倶楽部 店長:吉田
  • 未成年飲酒防止

お酒は20歳を過ぎてから。

酒販店及び業務店の皆様へ卸売りのご案内

このページのトップへ